本文へ移動

大阪交響楽団について

大阪交響楽団
©飯島 隆

プロフィール

1980年「大阪シンフォニカ-」として創立。初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。 創設者である、永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」と評されている。
 
1992年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者(その後、桂冠音楽監督・首席指揮者を2010年3月まで)に迎え、オーケストラとしての基礎を築いた。2001年1月に「大阪シンフォニカ-交響楽団」に改称するとともに、曽我大介(音楽監督・常任指揮者、2003年12月まで)、  大山平一郎(ミュージックアドバイザー・首席指揮者、2004年9月~2008年3月)、児玉宏(音楽監督・首席指揮者、2008年4月~2016年3月)、外山雄三(ミュージック・アドバイザー、2016年4月~2020年3月の後、名誉指揮者、2020年4月~)の各シェフのもと、楽団は大きく発展を遂げてきた。また、2022年4月、新指揮者体制として、山下一史(常任指揮者)、柴田真郁(ミュージックパートナー)、髙橋直史(首席客演指揮者)の3名が就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。
 
支援組織として、1988年大阪シンフォニカ―協会を設立、2008年12月に一般財団法人となる。2010年4月に楽団名を「大阪交響楽団」と改称、さらに2012年4月に支援組織と楽団を統合し、一般社団法人大阪交響楽団となり、2018年11月に公益社団法人となった。
 
2000年本拠地を大阪府堺市へ移転。2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 CEO(当時) 樋口武男氏が運営理事長を経て、2018年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。2020年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 CEO 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした。
 
1990年大阪府知事表彰。2007年音楽クリティック・クラブ賞を受賞。2008年1月、平成19年度(第62回)文化庁芸術祭「芸術祭優秀賞」を受賞。同年7月、平成20年度「堺市栄誉賞」を受賞。2009年7月、平成21年度「堺市功績団体」として堺市より表彰。2010年1月、平成21年度(第64回)文化庁芸術祭「芸術祭大賞」を受賞。2022年3月、令和3年度(2021年度)大阪文化祭賞を堺シティオペラと合同で受賞(il Teatro L‘alba L’amore“オペラ×オーケストラ”公演に対し)。同賞の受賞は、91年、93年、99年、2000年、2013年に続き6度目となる。
 
海外公演は、文化庁“平成14年度国際芸術交流支援事業(海外公演)”の助成を受け、2002年12月、日本・ルーマニア交流100周年記念として初のヨーロッパ公演を、また2003年3月には 日越外交樹立30周年記念としてベトナム・ハノイ市にて公演を行っている。
 
CDは、「ブラームス交響曲全集」と、公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションの助成により「児玉宏のディスカヴァリー・クラシックシリーズ」全5タイトル(いずれもキングレコード)、宇野功芳指揮で「ベ-ト-ヴェン:交響曲第9番『合唱付き』」、豊嶋泰嗣の弾き振りで「モ-ツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集」(いずれもオクタヴィアレコ-ド)、そして創立40周年記念として、ライブCD第1弾
「チャイコフスキー三大交響曲」と、第2弾「ベートーヴェン 交響曲全集」、第3弾「外山雄三作品集」、第4弾「ブラームス 交響曲全集(2022年3月発売)」(いずれもキングインターナショナル)をリリースしている。
 
(2022年4月現在)

概要

■ 法人名称
公益社団法人 大阪交響楽団
■ 理事長
芳井 敬一
■ 所在地
〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
■ 電話番号
072-226-5533
■ FAX番号
072-226-5544
■ 設立年月日
1980年9月

アクセス

事務局

〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4階
● 南海高野線「堺東駅」徒歩3分

沿革 1979年~1989年

1979年現永久名誉楽団代表 敷島博子の提唱により、二管編成のオーケストラ「大阪シンフォニカー」創設を企画。顧問として京都市立芸術大学教授(当時)岩淵龍太郎氏ほかを迎え、具体的な相談を始める。
1980年08月団員オーディションを行い、メンバーを選考。
1980年09月
音楽監督・常任指揮者に小泉ひろし氏、コンサートマスターに亀田美佐子氏が就任、団員50名にて「大阪シンフォニカー」を結成。
1980年12月福島県 会津若松で初演奏。(ベートーヴェン「第九」)
1981年03月第1回定期演奏会を森ノ宮ピロティホールで開催。
1984年04月第1回特別演奏会を大阪芸術祭として毎日ホールで開催。
1985年10月創立5周年記念、第12回定期演奏会を森ノ宮ピロティホールで開催。
1988年10月社団法人を目標とした大阪シンフォニカー協会を設立。理事長空白のまま、専務理事として敷島博子が就任、業務を執り行う。
1989年08月トーマス・ザンデルリンク氏を客演指揮者に迎え、第20回記念定期演奏会をザ・シンフォニーホールにて開催。

沿革 1990年~1994年

1990年01月コンサートマスターに林 泉氏が就任
1990年07月3月に新設されたいずみホールで定期演奏会(大阪芸術祭)を開催。
1990年09月国際花と緑の博覧会閉会式典演奏を担当。皇太子殿下、世界各国のゲストの前で演奏を行う。
創立10周年記念、第23回定期演奏会をザ・シンフォニーホールで開催(小泉ひろし氏指揮、バルトーク 管弦楽のための協奏曲 ほか)
初めて「日本芸術文化振基金」の助成を受ける。
1990年10月9月~11月までの3カ月にわたり、朝日放送TVが密着取材を行い。テレメンタリー「細腕シンフォニー」を制作、放送される。
1991年03月牧村 邦彦氏、指揮者に就任(~2004年3月まで)
1991年10月小泉ひろし氏、名誉指揮者に就任。(~2010年3月まで)
1991年10月大阪シンフォニカー協会理事長に、三洋電機株式会社 井植 敏氏が就任(~2006年3月まで)、大阪シンフォニカー協会の拡充を図る。
1991年11月トーマス・ザンデルリンク氏を再び客演指揮者に迎え、第26回定期演奏会をザ・シンフォニーホールにて開催、この演奏会に対し、大阪文化祭賞を受賞。
1991年12月大阪シンフォニカー協会事務局長に敷島 鐵雄が就任(~2009年9月まで)
1992年01月トーマス・ザンデルリンク氏、音楽監督・常任指揮者に就任(~2000年12月まで)。
1992年05月トーマス・ザンデルリンク音楽監督・常任指揮者就任披露演奏会シリーズ開催。
河内長野市に新設された河内長野市立文化会館ラブリーホールのオープニング公演、モーツァルトのオペラ「魔笛」に出演。
1992年10月大阪シンフォニカーに契約システム導入。第一次として首席、副首席と契約、体制固めを行う。
1992年11月
第30回記念定期演奏会をザ・シンフォニーホールで開催。(トーマス・ザンデルリンク氏指揮 ベートーヴェン 交響曲 第3番「英雄」ほか)。
以降、定期演奏会はすべてザ・シンフォニーホールで開催。
1993年04月大阪シンフォニカーメンバー全員に契約システムを実施。第二次として一般楽団員と契約。
1993年07月第10回日本バレエフェスティバルのオーケストラとして日本を代表するトップバレリーナ達と協演。高円宮憲仁親王殿下よりおほめの言葉を頂戴する。
1993年09月モスクワ音楽院出身の4名の弦楽器奏者をロシアから招聘。コンサートマスターにライカン・カラグローバ氏が就任(~1996年8月まで)。
1993年10月第34回定期演奏会に対して2回目の大阪文化祭賞を受賞。
1994年07月大阪府知事中川和雄氏、大阪シンフォニカー協会の特別顧問として就任(大阪府知事の特別顧問就任は~2011年9月まで)。
1994年08月本名 徹次氏、常任指揮者に就任(~2001年3月まで)。
1994年10月大阪市長 西尾正也氏、大阪シンフォニカー協会の特別顧問として就任(大阪市長の特別顧問就任は2011年12月まで)。
1994年11月楽団代表 敷島 博子が第29回大阪市民表彰文化功労賞を受賞。

沿革 1995年~1999年

1995年01月第41回定期演奏会(15周年記念シリーズPart1)に初の委嘱作品、大前哲作曲「リチェンツァ・ポエティカ」を演奏するも急遽「阪神・淡路大震災の被災者へ向けての鎮魂曲」とする。
1995年08月楽団代表 敷島 博子が14日放映のNHK「にんげんマップ」に出演。
1995年09月楽団代表 敷島 博子がNHK国際局より世界へ向けたラジオ放送「創立15周年を迎える手作りオーケストラ」に出演。
1995年10月創立15周年記念・第44回定期演奏会において、ショスタコーヴィチ 交響曲第15番の他、リスト ピアノと管弦楽のための悲愴協奏曲を本邦初演。終演後、記念祝賀会を行い、各界より多数の参加を得る。
1996年05月鶴丸光世氏のデザインにより大阪シンフォニカーのロゴマークを制作(この時制作したロゴマークの使用は2016年3月まで)。
1996年06月東京芸術劇場において初の東京公演。絶賛を博す。
1996年09月第1回淡路島定期演奏会を開催。以降、2006年10月 第11回淡路島定期演奏会まで毎年開催。
1996年10月コンサートマスターにギオルギ・パブアゼ氏が就任(~2001年9月まで)。
1996年12月第50回記念定期演奏会。(トーマス・ザンデルリンク氏指揮、マーラー 交響曲 第1番「巨人」ほか)
1997年02月シューベルト生誕200年を記念して、交響曲全曲演奏シリーズ(全5回)をスタート(常任指揮者 本名徹次氏指揮)。
1997年04月社団法人 日本オーケストラ連盟に加盟。
1997年09月楽団代表 敷島博子がNHKラジオ第1「関西発ラジオ深夜便」(全国放送)に出演、約40分トーク。
1998年03月第57回定期演奏会(日本/オランダ交流400年記念シリーズⅠ)に、委嘱作品、ヴィレム・イエッツ作曲「Fas/Nefas」を世界初演。
1998年12月文化庁移動芸術祭公演のオーケストラに選ばれ、九州・山陽地方で4公演を行う。
1999年09月楽団ホームページを開設
1999年11月第65回定期演奏会(小泉和裕氏指揮 バルトーク 管弦楽のための協奏曲 ほか)に対して3回目の大阪文化祭賞を受賞。

沿革 2000年~2004年

2000年05月
大阪シンフォニカー協会事務局を堺市に移転。
2000年09月創立20周年記念祝賀会を、帝国ホテル大阪にて開催。
2000年10月
創立20周年記念第70回定期演奏会
(トーマス・ザンデルリンク氏指揮 ショスタコーヴィチ 交響曲 第5番 ほか)。
2000年11月
第71回定期演奏会
(牧村邦彦氏指揮、プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」ミラノ初演版をもとにしたオリジナル改訂版)に対して4回目の大阪文化祭賞を受賞。
2001年01月
楽団名を「大阪シンフォニカー交響楽団」と改称。
トーマス・ザンデルリンク氏、桂冠音楽監督・首席指揮者(~2010年3月まで)に、曽我大介氏、音楽監督に就任(~2003年12月まで)。
2001年04月曽我大介氏、常任指揮者に就任(~2003年12月まで)。
2001年05月楽団代表 敷島博子が文化関係功労者として、憲法施行記念式典で大阪府知事より表彰を受ける。
2001年07月敷島鐵雄が楽団長に就任(~2015年3月まで)。
2001年10月森下幸路氏が首席ソロコンサートマスターに就任(~現在)。
2002年04月年4回のいずみホール定期演奏会をシリーズ化(2007年第24回公演まで)。
2002年05月カヴァーコンダクター松沼俊彦氏がハンガリー第10回ブダペスト国際指揮者コンクールで優勝、同船橋洋介氏が6位入賞。
2002年10月平成14年度文化庁“本物の舞台芸術体験事業”の指定を受け、以降毎年採択される。
2002年11月ベルリンフィル第一コンサートマスターのダニエル・シュタープラヴァ氏ら4人と第4回いずみホール定期演奏会で共演。
2002年12月文化庁“平成14年度国際芸術交流支援事業(海外公演)”助成を受け、初のヨーロッパ公演を行う。
2003年03月文化庁“平成14年度国際芸術交流支援事業(海外公演)”助成を受け、ベトナム・ハノイ市にて日越外交樹立30周年記念公演を行う。
2003年04月2003年度より毎年、“文化庁芸術創造活動特別推進事業”の助成を受ける。(現名称:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業))
2003年10月楽団員に対して社会保険を導入。
2004年01月
寺岡清高氏、正指揮者に就任(~2011年から常任指揮者、2018年3月まで)。
2004年09月
大山平一郎氏、ミュージックアドバイザー・首席指揮者に就任(~2008年3月まで)。
ウラディーミル・ヴァーレック氏、首席客演指揮者に就任(~2008年3月まで)。
寺岡清高正指揮者就任記念第95回定期演奏会(マーラー 交響曲 第1番「巨人」ほか)。

沿革 2005年~2009年

2005年04月大山平一郎ミュージックアドバイザー・首席指揮者就任記念第100回記念定期演奏会(ブラームス 交響曲 第1番 ほか)。
2005年07月
ウラディーミル・ヴァーレック首席客演指揮者就任記念第102回定期演奏会(スメタナ 交響詩「我が祖国」全曲)。
「第100回記念定期演奏会」がNHK BS2「クラシック倶楽部」にて初めて全国放送される。
2005年09月
コンサートマスターに田村安祐美氏(~2008年3月まで)、林七奈氏(~現在)が就任。首席ソロコンサートマスターの森下幸路氏と3名体制になる。

楽団創立25周年記念 第103回定期演奏会(大山平一郎氏指揮 ベートーヴェン 交響曲 第5番「運命」ほか)を行う。中村紘子氏と初共演。
2006年04月
堺市政令指定都市移行記念コンサートにてベートーヴェン「第九」を演奏。
大阪シンフォニカー協会理事長に、大和ハウス工業株式会社代表取締役会長(当時) 樋口武男氏が就任(~2020年9月)。
2006年05月創立25周年記念CD「ブラームス交響曲全集」をキングレコードよりリリース。
2006年07月「第110回定期演奏会(寺岡清高氏指揮 サン=サーンス 交響曲 第3番「オルガン付き」)がNHK教育テレビ「オーケストラの森」で全国放送される。
2006年08月楽団代表 敷島博子がNHKラジオ「ラジオ深夜便~こころの時代」(全国放送)に出演。
2006年09月芸術家会議に入会。
2006年11月楽団代表 敷島博子が、音楽文化の振興に貢献したとして、平成18年度河内長野市長表彰を受ける。
2008年01月
第120回定期演奏会で、ブルックナー「交響曲 第5番」を指揮した児玉宏氏が、2007年度音楽クリティック・クラブ賞を受賞。

第121回定期演奏会(大山平一郎氏指揮 バーンスタイン 「ウエスト・サイド・ストーリー」より“シンフォニック・ダンス” ほか)に対して平成19年度(第62回)文化庁芸術祭「芸術祭優秀賞」を受賞。全国的な賞を初めて受賞する。
2008年04月
児玉宏氏、音楽監督・首席指揮者に就任(~2016年3月まで)。
コンサートマスターに古井麻美子氏が就任(~2010年3月まで)。首席ソロコンサートマスターの森下幸路氏(~現在)、コンサートマスターの林七奈氏(~現在)との3名体制に。
2008年06月児玉宏音楽監督・首席指揮者就任記念第126回定期演奏会(プロコフィエフ 交響曲 第7番「青春」ほか)。
2008年07月平成20年度「堺市栄誉賞」を受賞。
2008年12月大阪シンフォニカー協会が一般財団法人となる。
2009年04月
キンボー・イシイ=エトウ首席客演指揮者就任(~2013年7月まで)。
就任記念 第134回定期演奏会(シューマン 交響曲 第1番「春」ほか)。
2009年07月
公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションの助成を受け、CD「アッテルベリ 交響曲 第6番 Dollar交響曲」をキングレコードよりリリース。

平成21年度「堺市功績団体」として堺市より表彰される。
2009年10月
事務局長に赤穂正秀が就任。(~現在)

沿革 2010年~2014年

2010年01月第139回定期演奏会(児玉宏氏指揮 ブルックナー 交響曲 第6番 ほか)の成果に対して平成21年度(第64回)文化庁芸術祭「芸術祭大賞」を受賞。
2010年04月楽団名を「大阪交響楽団」と改称。
2010年07月公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションの助成を受け、CD「グラズノフ 交響曲 第5番」をキングレコードよりリリース。
2010年09月創立30周年記念 第148回定期演奏会(R・シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」ほか)。
2010年11月第146回定期演奏会(児玉宏氏指揮 タニェエフ 交響曲 第4番 ほか)が、NHK「オーケストラの森」で放送される。
2011年03月11日に発生した、東日本大震災の影響で、第14回東京公演が中止となる。
2011年04月寺岡清高氏、常任指揮者に就任(~2019年3月まで)。
2011年09月公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションの助成を受け、CD「タニェエフ 交響曲 第4番/ニーノ・ロータ 交響曲 第4番」をキングレコードよりリリース。
2011年11月
寺岡清高常任指揮者就任記念 第160回定期演奏会(ベートーヴェン 弦楽四重奏曲 第14番(弦楽合奏版)ほか)。
2012年03月
公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションの助成を受け、福島県郡山市 郡山女子大学 建学記念講堂において、郡山市出身の本名徹次氏(元常任指揮者)の指揮により、指揮被災地支援コンサートを開催。楽団創立当初から大変深いかかわりのある、福島県の被災者の皆さんに、音楽を届けました。
2012年04月
大阪交響楽団は一般社団法人となり、これにともない、一般財団法人 大阪シンフォニカー協会は、一般社団法人 大阪交響楽団に統合された。
2012年07月公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションの助成を受け、CD「ミャスコフスキー 交響曲 第24番/シュミット 交響曲 第4番ほか」をキングレコードよりリリース。
2012年09月定期演奏会の会場などで募った義援金で、福島県会津若松市に学校ごと移転し避難生活を送っている、福島県大熊町の小・中学校全3校に楽器を寄付。
2012年11月「日本で馴染みの薄い作品を積極的に取り上げるとともに、意欲的なプログラム編成で充実した演奏活動を展開した。」として音楽監督・首席指揮者 児玉宏 が第47回大阪市市民表彰 文化功労部門において表彰を受ける。
2013年06月第176回定期演奏会(指揮:寺岡清高 常任指揮者)における「ハンス・ロット作品」の演奏成果に対し、平成25年度大阪文化祭賞を受賞。13年ぶり5度目の受賞となる。
2013年07月公益財団法人 ローム ミュージック ファンデーションの助成を受け、CD「ヴェッツ 交響曲 第2番/スヴェンセン 交響曲 第2番ほか」をキングレコードよりリリース。
2013年10月楽団ホームページをリニューアル。ASP(Application Service Provider)導入により、ネット上でのリアルタイムでのチケット販売が可能になる。
2014年07月堺市“文化芸術による被災地支援事業”として、東日本大震災の被災地“岩手県大槌町”で公演を行う。

沿革 2015年~現在   (2020年04月01日現在)

2015年09月
創立35周年記念 第196回定期演奏会
(児玉宏氏指揮 ブルックナー 交響曲 第9番)。
2015年10月
文化庁芸術祭主催公演「アジア オーケストラ ウイーク(東京オペラシティ)に出演。
2016年03月
第200回記念 定期演奏会
(児玉宏氏指揮 ワグナー 楽劇「ニーベルングの指輪」より“抜粋”児玉宏編)
(4月にNHK Eテレで全国放送)
2016年04月
外山雄三氏 ミュージック・アドバイザーに就任(~2019年3月までの3年間の契約、2019年4月~1年間の契約延長)。
楽団のロゴマーク、主催公演で配布するプログラムなどを刷新。
2016年07月
平成28年度「堺市特別功績団体」として堺市より表彰される。
2016年09月
9年間の時を経て、いずみホール定期演奏会を復活。(~2019年度まで)
2018年11月
内閣総理大臣より公益法人の認定を受け、
「公益社団法人 大阪交響楽団」となる。
公益社団法人 大阪交響楽団 理事長に、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長   CEO 樋口 武男氏が就任。
2019年04月
太田 弦氏、正指揮者に就任(~2022年3月)。
2020年04月
外山 雄三氏、名誉指揮者に就任(~現在)。
2020年10月
楽団創立40周年記念シリーズ
 第236回 定期演奏会 指揮:本名 徹次(元 常任指揮者)
 第237回 定期演奏会 指揮:トーマス・ザンデルリンク(元 音楽監督)
 第241回  定期演奏会 指揮:小泉 ひろし(元 音楽監督)
 第244回 定期演奏会 指揮:大山 平一郎(元 ミュージックアドヴァイザー)
 第245回 定期演奏会 指揮:曽我 大介(元 音楽監督)
 
2020年10月
公益社団法人大阪交響楽団 理事長に、大和ハウス工業株式会社 代表取締役CEO  芳井 敬一氏が就任。
2022年03
2021年12月19日開催の「il Teatro L’alba L’amore“オペラ×オーケストラ”(オペラ トゥーランドット セミステージ形式)」の成果に対して、「2021(令和3)年度大阪文化祭賞(第三部門)」受賞(10年ぶり6度目の受賞、堺シティオペラ 一般社団法人と合同受賞)。
2022年03月
創立40周年記念シリーズCD 第4弾
外山 雄三&大阪交響楽団「ブラームス交響曲全集」
をKING INTERNATIONALよりリリース(KKC-2711/3)
2022年04月
山下 一史氏、常任指揮者に就任。
柴田 真郁氏、ミュージックパートナーに就任。
髙橋 直史氏、首席客演指揮者に就任。
2022年05月
山下一史常任指揮者就任記念 第255回定期演奏会
(R・シュトラウス 交響詩「英雄の生涯」ほか)。
公益社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
0
1
4
4
1
6
6
6
TOPへ戻る