本文へ移動
聴くものも 演奏するものも
満足できる音楽を
OSAKA SYMPHONY ORCHESTRA
聴くものも 演奏するものも満足できる音楽を
OSAKA SYMPHONY ORCHESTRA

新入楽団員のお知らせ
2022-11-01

四家絵捺 写真:©mick park

2022年9月に行いました楽団員オーディションの結果、

2022年11月1日付でヴィオラ副首席奏者に四家 絵捺(しが かいな)が入団いたします。(2022年11月より試用期間)

 

四家 絵捺(しが かいな)


【プロフィール】

8歳よりヴァイオリンを始め、15歳よりヴィオラを始める。東京音楽大学付属高校を経て、京都市立芸術大学を卒業。在学中にbljo(ドイツ)ツアーやユニセフチャリティコンサートなどに出演。小澤征爾音楽塾に参加。ヴィオラを山本由美子、小峰航一の各氏に師事。

 

【メッセージ】

はじめまして!ヴィオラの四家絵捺と申します。大阪交響楽団には学生の頃に客演で参加させていただいたことがあり、暖かく素直なサウンドが心に残っています。

そんな親しみ深いオーケストラに迎え入れていただけるなんて夢のようです!創設者である敷島博子さんの提唱する「聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!」をモットーに、精進してまいります。どうぞこれからよろしくお願いいたします!

 

TOPへ戻る