00690994
 
 

2018シーズンメッセージ

2018シーズンメッセージ
フォーム
 
2018シーズンメッセージ
2017-10-26
 昨年の自分の発言を振り返ると、いよいよオーケストラの実力が試される時が来た、などと呑気なことを言っているのが恥ずかしい。演奏するということは、一瞬一瞬を決して油断することなく、全力を尽くすべく、あらゆる無駄や雑念を振り払って集中することが出発点のはずである。その原点に立ち返って、厳しく修練を重ね、技術を磨き、感性を研ぎ澄まして更に演奏に集中したい。オーケストラの現状は、と問われれば順調に前進を続けています、と答えることも不可能ではないが、現在私たちに必要な努力を怠りなく、休むことなく続けているか、と問われたら私は一瞬、ひるむだろう。音楽と向き合う時、全力を挙げて最善を尽くしたつもりでも、ほんの一瞬のスキをつかれて全体が崩壊する危機に追い込まれることがあるのは周知のとおりである。オーケストラの音楽家たち一人ひとりの日常の努力、修練が不可欠であることは言うまでもないし、幸いに大阪交響楽団の音楽家たちは例外なく、その努力を惜しまない。しかし、だから安心安全である、などと言えないのが音楽というものである。いささか先輩である私が、水先案内のように音楽の核心に迫る道を先導できるようにと願っている。シーズンの終わり、2019年2月に新作の「交響曲」を初演する予定である。このオーケストラの長所、そしてオーケストラというものの魅力を充分に引き出したいと願っているところである。
 

大阪交響楽団 ミュージック・アドバイザー
外山 雄三
 
 
外山雄三写真:(C)飯島隆
 
 
 
一般社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<一般社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544