大阪交響楽団 2016年度 シェフからのメッセージ

00676089
 

2016「定期」シェフからのメッセージ

 
 
第207回定期演奏会    1月18日(水)
シズオ・Z・クワハラ
シズオ・Z・クワハラ
シズオ・Z・クワハラ

2017年1月18日(水)19時00分開演
 
 一昨年の名曲コンサートでご一緒した時、「大阪交響楽団は熱い!」と感じました。楽団員との会話内容もどのように楽団を良くしていきたいかなど熱心に思っている事が伝わる。プロのオケでこのような意思を感じる楽団はなかなかありません。その思いを表現するのには良いと思い、アメリカの作曲家アーロン・ジェイ・カーニスの「熱すぎるトッカータ」を選曲しました。この曲はバルトークの「管弦楽のための協奏曲」にインスピレーションを受け、楽団員一人一人の実力が試される曲です。あの時に感じたチャレンジ精神がこの曲を通してどのように反映されるかとても楽しみにしています。
  このコンサートで酒井健治氏のヴァイオリン協奏曲「G線上で」を演奏する事が決まり、2015年8月の芥川作曲賞選考演奏会での世界初演コンサートを聴きにいきました。この新しい2015年版は2011年版から拡大化されたフルバージョン。エリザベート王妃国際コンクールで受賞され、その作品がヴァイオリン部門での最終選新曲課題曲として使われる事もあるからか、奏者から求められるテクニック難度もとても高い。この曲を演奏し、見事第2位を受賞したのが今回共演する成田達輝氏。今回の演奏に向けて酒井氏も曲の調整をしており、さらに良いオーケストレーションが期待出来る。とても楽しみにしているコラボレーションです。
  ベルリオーズの「幻想交響曲」は以前から大阪交響楽団さんと演奏したかった曲であり、特に名曲コンサートでサン=サーンスの「オルガン付き」を共演した際にはフランスの曲がよく合うオケだと思いました。原題には「ある芸術家の生涯の出来事、5部の幻想交響曲」と書いてありますが、ベルリオーズが経験した絶望的な恋と幻覚的な世界から生まれたこの曲は、さらに想像を膨らませた音作りをしていく必要があります。この課題をどのように大阪交響楽団は向き合っていくのか。是非結果を演奏会で聴いてください。
シズオ・Z・クワハラ

 


 

 

一般社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<一般社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544