大阪交響楽団 2013年度 シェフからのメッセージ

00777271
 

2013年度 シェフからのメッセージ

 
 
第179回定期演奏会   9月27日(金)
児玉 宏
児玉 宏
児玉 宏

≪児玉宏のブルックナー Vol.9≫

2013年9月27日(金)19時00分開演

 

 ブルックナーの交響曲第8番は1884年6月から1887年8月にかけて作曲されましたが、完成直後の1887年10月から1890年3月までの時間を使って、改訂版が造られました。

この歴史の裏には、7番のミュンヘン初演を成功に導いた指揮者レーヴィに初演を託そうという目的で送られた総譜が、彼から全く理解されなかった、という経緯があります。 8番の版の問題を考える時、ワーグナー指揮者として名を成したレーヴィの音楽的立場と音楽観を知ることは、避けることの出来ない作業です。

同時に、作品完成後、長い年月を経てから改訂作業が行われ、多くの版が存在する 3番や4番の場合と、レーヴィの拒絶反応を知ったブルックナーが即座に筆を執り直した8番には、この点からも大きな相違があります。交響曲第8番の第1稿と第2稿を明細に比較すると、誰が見てもすぐにわかる第一楽章の終わり方の違いや第三楽章の頂点が異なる調性で書かれている事実のほかに、数多くの差異が存在し、単純に書かれている音符が違うという次元の問題ではないことが見えてきます。

私自身は、音符が書き下されるのと同時にブルックナーの内面で起る「音楽的発展の軌跡」を、より明確に聴き取ることができるのは、第1稿ではないかと思います。 そして、交響曲8番の2つの版は「それぞれ全く独立した作品」であり、同じ交響曲の「二つの版」という範疇では考えることが出来ないように思われます。

何故か演奏される機会が多くない「第1稿」ですが、聴衆の皆様にとって、充実した素敵な時間となることを、心から願っています。

大阪交響楽団 音楽監督・首席指揮者
児玉 宏
一般社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<一般社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544