大阪交響楽団 首席ソロ・コンサートマスター 森下幸路

00610912
 

首席ソロコンサートマスター 森下幸路

 

首席ソロコンサートマスター 森下 幸路

首席ソロコンサートマスター 森下 幸路
 
森下 幸路
 
京都市生まれ。4歳よりヴァイオリンを始め、幼少を米国で過ごし、早くから才能を開花させた。小林健次、田中千香士、江藤俊哉 アンジェラ、三善晃 等の各氏に師事。

桐朋学園大学入学後、米国シンシナティ大学特別奨学生としてドロシー・ディレー女史に学び、最優秀賞(オーナーズ表彰)受賞。帰国し89年、桐朋学園大学音楽学部卒業。

92年まで安田謙一郎弦楽四重奏団のヴァイオリン奏者を務めるほか、小林道夫氏と「ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ全曲室内楽シリーズ」を開催、東京における「オール・シューベルトヴァイオリン室内楽作品シリーズ」は話題を呼んだ。

94年には東京文化会館において「オール・シューマンプログラム」小林道夫・ピアノで公式リサイタルデビューを果たし、紙面でも絶賛された。その後、96年から毎回テーマを設けて挑む「森下幸路10年シリーズ」と題したリサイタルを東京文化会館と仙台でスタート。第12回からは京都公演も加わる。

97年にはスペインのセヴィリアでのリサイタルをはじめ、全国各地でリサイタルやクラシック入門、啓発のためのコンサートシリーズを積極的に開催。ギターの福田進一氏との全国ツアーは話題となった。

2011年より北ドイツ音楽祭(ドイツ)に毎夏、13年からたびたび台湾に招かれ、そして14年にはガーク音楽祭(オーストリー)にも出演。

2000年まで仙台フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスター。現在は大阪交響楽団首席ソロコンサートマスターおよび浜松フィルハーモニーのコンサートマスターの任にある。またオペラの分野では指揮者や歌い手の信頼も厚い。
 
アルバムCDは「esprit」(2016年レコード芸術誌 特選盤)、「彩り<Couleur>(ナミレコード)、「夕べのうた」「夢」(音楽の友社)、「カンタービレ」 (マイスターミュージック)、福田進一氏とのデュオアルバム「ブエノスアイレス組曲」(マイスターミュージック)、オムニバスアルバム「アヴェマリア」(マイスターミュージック)をリリース。

97年度宮城県芸術選奨新人賞、2005年には浜松ゆかりの芸術家顕彰受賞。 
2013年より大阪音楽大学特任教授をつとめている。
一般社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<一般社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544