大阪交響楽団 2015年度 特別演奏会 曲目解説

00867908
 

2017年度 特別演奏会 曲目解説

 
 
感動の第九

 
2017年12月27日(水)19時00分開演 ザ・シンフォニーホール
 
 
ロベルト・シューマン(1810-1856)
ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
 
 シューマンが完成した唯一のピアノ協奏曲である。同時代のショパンやリストらによる華やかなヴィルトゥオーゾ風ピアノ協奏曲に比べて、ピアノがオーケストラの伴奏に回ったり、他の楽器と対話したり、全体にピアノがオーケストラの楽器と対等に振る舞うのが特徴。ピアノへのこだわりが強かったシューマンの渾身の作だ。
 この協奏曲を書きあげるまで、シューマンは長い歳月を要した。試作のまま、残された断章もある。そのような苦難の日々を支え、ともに歩んだのが妻となったクララだ。結婚1年目に「幻想曲」として作曲した音楽を第1楽章として、その後、移り住んだドレスデンで幻覚や不眠に悩まされながら、ようやく全曲を完成。クララはピアニストとして演奏旅行を重ねながらも、夫を温かく励まし、賛辞を惜しまず、女神のように霊感をさずけた。この協奏曲には優しく慈しむような楽想から、激情に突き動かされるような楽想まで、ロベルトのクララへの想いが凝縮されている。こうして夫婦の二人三脚の末に誕生したピアノ協奏曲を、クララは「天からの贈り物」と呼んだ。初演後も2人は何度もこの曲で共演している。
 第1楽章(アレグロ・アフェットゥオーソ、イ短調、4/4拍子)はピアノとオーケストラが親しく対話していく。強烈な序奏に続いて、オーボエが奏でる情熱的なメロディが第1主題で、その冒頭の1節(ドイツ音名でCHAA AHD EDC)はシューベルトの「大ハ長調交響曲」のホルンの動機(CDE AHC)を逆さからたどり、真ん中につなぎの音を付加して作られた。さらにCHAAは、ロベルトがダヴィッド同盟のメンバーとしてクララにつけたキアーラ(CHIARA)という名前から作られたモチーフでもある。すべての主要主題がこの4つの音で始まることから、ロベルトがクララに呼びかけているような印象をうける。牧歌的でほのぼのとした雰囲気をもつ第2楽章「間奏曲」(アンダンティーノ・グラツィオーソ、ヘ長調、2/4拍子)はピアノと弦が愛らしい楽想をかけあう主部ではじまり、中間部ではチェロがおおらかな歌謡旋律を奏でる。主部が再現されたのち、休みなく続く第3楽章(アレグロ・ヴィヴァーチェ、イ長調、3/4拍子)は、第1、第2楽章とは対照的にエネルギッシュな音楽。短い序奏で第1楽章の第1主題を回想したのち、ソナタ形式の主部となる。奔放で明るい気分に満ちた第1主題も、第1楽章の第1主題から導き出されたもの。軽やかな第2主題は休止符の使い方で、まるで2拍子のようにきこえる。展開部ではフガートが効果的に用いられる。
 
  作曲年代  1841年(第1楽章)、1845年、改訂1853年
 初  演 1845年12月4日。フェルディナント・ヒラー指揮、クララ・シューマンのピアノ・ソロ。ドレスデンにて。
 楽器編成
独奏ピアノ、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット 2、ホルン 2、トランペット2、ティンパニ1、弦五部
 
 
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付き」
 
 年末の風物詩として定着してきたベートーヴェンの「第九」。今月は日本全国で「歓喜の歌」が響く。クラシック音楽にそれほど興味を持っていない人ですら、市民の合唱団に参加したり、家族や友だちの合唱を聴きに行ったり、様々な形で「第九」と関わっている。しかし、欧米では年末よりも特別なできごとを記念したり、祝ったりするときに、この作品が演奏されることが多い。1951年にバイロイト音楽祭が再開されたときの記念演奏会、1989年にベルリンの壁が崩壊したのを記念して、レナード・バーンスタインが行った特別演奏会、1998年に長野オリンピックの開会式での5大陸、6ヶ国、7か所での同時演奏など、自由を手にした人々の感動を象徴して演奏されるのが「第九」である。第4楽章の合唱「歓喜の歌」の歌詞は、ドイツの詩人シラーが人類愛と平和をテーマに書いた作品に基づいている。フランス革命の4年前の1785年、シラーがこの詩を書き綴ったとき、ドイツではまだ、封建的な政治が社会全体を覆っていた。「すべての人が兄弟になる」と歌い上げたシラーの言葉は、そうした圧政に対して人々の団結を呼びかける主張の表れだったのだろう。そう考えると、私たちがいま、このフィナーレに来年への希望や抱負を託すのはあながち的外れではなさそうだ。平和への希求という点で、私たちの想いはシラーと一致している。
 ベートーヴェンはシラーの詩を20代で読んで感動し、いつか歌曲にしようと心にとめていた。歳月は流れ、ようやくこの詩に合唱を書き、交響曲のフィナーレに用いることを決めたのは1820年代。40歳になってからのことである。すでにかなりの難聴となり、このころには眼もずいぶんと衰えていたらしい。曲のもつ緊迫した表情にはそうした生活の苦難も投影されているのかもしれない。
 この作品は交響曲に独唱や合唱が入るという編成そのものが個性的で、ジャンルの歴史においても革新的。だが、ユニークなのはそれだけではない。たとえば第4楽章の始めに、それまでの3つの楽章がほんのひとフレーズずつ、よみがえる。つまり「苦悩から勝利へ」という流れが、爆発的な歓喜を前に回想されるのである。あるいは第2楽章にスケルツォを、第3楽章に緩徐楽章をおく楽章配置も型破りといえる。また、第4楽章には当時、流行だったトルコ行進曲風のパッセージも挟み込まれている。とにかく、にぎやかで破格な交響曲なのである。この作品ではどうしてもフィナーレばかりに気をとられてしまうが、やはりそれまでの山や谷を越えて初めて、歓喜は訪れる。第1楽章から第3楽章までの展開もじつにおもしろい。
 第1楽章(アレグロ・マ・ノン・トロッポ、ウン・ポコ・マエストーソ、ニ短調、2/4拍子)は神秘的で荘厳な雰囲気ではじまる。一気に激しさを増して、第1主題群へと高まっていく。大きなスケール感と骨太の構造をもったソナタ形式の速い楽章で、重々しい風格に苦悩を滲ませている。第2楽章スケルツォ(モルト・ヴィヴァーチェ、ニ短調、3/4拍子)は、穏やかなトリオを挟んで、きびきびとした主部がフーガを形づくっていく。第1楽章の重厚さとのコントラストがみごとで、緊迫感のある楽想が奏でられる。第3楽章(アダージョ・モルト・エ・カンタービレ、変ロ長調、4/4拍子)は嵐のなかでふっと天使が微笑んだような幸福感にあふれている。2つの性格の異なるメロディで構成される。プレストからアレグロ・アッサイへと流れ込んでいく第4楽章「合唱付」(プレスト、ニ短調、3/4拍子)は、騒音のような序奏ではじまり、これまでの回想と歓喜の歌が交代しながら、しだいにバリトンの独唱へと導かれていく。そして合唱による「歓喜の歌」がはじまる。
 2017年を締めくくり、明日への希望を込めた「第九」。大阪交響楽団とはばたけ堺!合唱団、大阪交響楽団感動の第九特別合唱団2017の皆さんの演奏に、隅から隅までじっくりと耳を傾けたい。
 
   作曲年代  1822年10月~1824年2月
 初  演  1824年5月7日。ミヒャエル・ウムラウフ指揮。ウィーンのケルントナートーア劇場にて。
 楽器編成
フルート2、ピッコロ、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、コントラファゴット、ホルン4、
トランペット2、トロンボーン3、ティンパニ、トライアングル、シンバル、大太鼓、弦五部、
独唱(ソプラノ、アルト、テノール、バリトン)、混声四部合唱
 
 
(C)白石 美雪(音楽学)(無断転載を禁ずる)
 
 歌詞対訳(C)鶴間 圭  (無断転載を禁ずる)
 
 
                
 
 
 
 
 
公益社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<公益社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544