00927304
 

楽団員紹介

 
フォーム
 
インタビュー 小林 志穂(フルート首席奏者)
2019-01-08
— フルートはいつから?

中学校1年の時に吹奏楽で始めました。横笛というのは一つしかないし、見た目重視で選んだんです。エレクトーンを小学校からやっていましたが、中学に入ったら絶対ブラスバンドに入ろうと思っていました。でも最初は音が出なかったです。クラクラするぐらい息が必要で、エレガントな見た目に反して、意外と大変なんだなと思いました。そこから少しずつうまくなるのが楽しくって、学校の楽器も毎日家に持ち帰って練習していました。

— 高校は音楽科だったんですね。

山形の音楽高校に進みました。私はエレクトーンの先生になるつもりだったんですが、中学校のブラスバンドの先生が、フルートで音大に行かないかと勧めてくれたんです。出身も山形県なんですが、地元からは遠くて通えないので下宿を始めました。一日中音楽に触れていられるということが楽しくってしかたがなかったです。ブラスバンドの授業では山形交響楽団の団員の先生が加わってくださって、プロの先生とこんなに近い距離で一緒に演奏できるんだというのが、とてもうれしかったです。

— 大学時代はどのように過ごしましたか?

大学は講習会で出会った先生をきっかけに武蔵野音楽大学に進学しました。フルートだけでも1学年50人弱、フルートの先生も10人強!そのおかげで色々な先生に触れられて向上することができました。一生懸命遊びもしました(笑)。一時期は夜通し友達とゲームをして、指にタコができて、痛くてフルートが吹けないなんてことも良い思い出です。
音大に入った時点でオーケストラに入るという夢があったので、大学を卒業して1年フリーで東京に残っていたんですが、次に桐朋学園大学の研究科に入りました。この2年間が一番濃密で、一番成長できた時期です。日本を代表する演奏家の方と接する中でいろいろなことを学ぶことができました。演奏も意識もレベルも高い仲間たちと一緒にコンクールやオーケストラのオーディションを受けました。山形の先生に「戻って来なよ」とも言われたんですが、諦めきれず、逆に闘志を燃やすことになりました。

— 研究科時代に受けたオーディションで入団されたんですね。

大阪は初めてで、カルチャーショックを受けました。外国みたいで。でも実際に来てみたら、みなさん親切で裏表がない。大好きになりました。楽団員さんもフレンドリーで、「初めての東北人が来た」って面白がってくださったんです。オーディション2次試験の次の日に、ベートーヴェンの「レオノーレ序曲第3番」とスメタナの「モルダウ」を本番で吹くということがありました。私がオーケストラで1番奏者を吹くなんてことは、それまで一度もなかったんです。オーケストラでのあり方も知らずにいて、怖いもの知らずでした。

— オーケストラでフルートを吹いていて、良かったなという瞬間は?

やっぱり「おいしい」メロディがある時(笑)。それなりのプレッシャーもありますが、作曲家が他の楽器ではなくフルートに与えてくれたメロディですから幸せな瞬間です。また素晴らしい指揮者やソリストと共演できるというのはありがたくって、いろいろなアイデアを得ることができます。
 
 
小林志穂写真(C)飯島 隆
 
聞き手/小味渕彦之(音楽学・音楽評論)
 
~プログラムマガジン2018年度11・12月号掲載~
 
 
 
 
 
公益社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<公益社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544