00661226
 

長島喜一郎コラム

 

クラシック・おもちゃ箱

クラシック・おもちゃ箱
フォーム
 
第4回 オペラ作曲家コルンゴルトの副業
2016-09-12
第 4回
オペラ作曲家コルンゴルトの副業
音楽ジャーナリスト  長島 喜一郎


  現在はなくなってしまった英EMIの名プロデューサー:ワルター・レッグの目標は、未来の演奏会や演奏家を評価する時に基準となるレコードを製作することでした。彼はオペレッタにも興味を示して1953,54年にレハールの『メリー・ウィドウ』『微笑の国』、ヨハン・シュトラウス2世の『ジプシー男爵』『ヴェネツィアの一夜』『ウィーン気質』を録音し、それらはシャンペン・オペレッタと銘打って発売されました。名歌手シュヴァルツコップフ、ゲッダ、クンツなどが歌い、豊麗さ、甘い高音、ウィーン節等どれを取っても一流で、モノラル録音ながら現在でもこれらの作品を鑑賞する際のお勧めと言えます。日本では入手しにくいオペレッタのレコードだったので、私がすべてを聴くことができたのはCDになってからでしたが、『ヴェネツィアの一夜』にコルンゴルト編曲と書かれ、シュトラウスのオリジナルではないことに気がつきました。これには次のような逸話があります。
  シュトラウス2世は最初の妻と死別した後、25歳年下の若い歌手リリーと再婚します。しかし彼女はシュトラウス2世の舞台作品をいつも初演していたアン・デア・ウィーン劇場の監督と浮気し、頭にきたシュトラウスは次の作品『ヴェネツィアの一夜』をベルリンで初演します。その後ウィーンでも上演されましたが、このオペレッタは次第に忘れ去られました。1923年に当時のアン・デア・ウィーン劇場の監督で歌手のフーベルト・マリシュカは、この曲の復活上演を企画し、コルンゴルトに音楽の監修を依頼します。そこでコルンゴルトは場面を入れ替えてストーリーを分り易くし、オーケストレーションを強化して甘く豊麗な響きを増やし、さらにウルビーノ侯爵グイードのためのアリアを追加します(これはシュトラウスのほかの作品から移したとされています)。コルンゴルト版初演は1923年10月25日に行われ大成功を収めました。こうしてこの作品はシュトラウスのオペレッタで『こうもり』『ジプシー男爵』に次ぐ人気曲となり、現在でもほとんどコルンゴルトの編曲版で上演されています。ヨーロッパは歴然とした階級社会で、オペレッタ作曲家はオペラ作曲家と比べて低く見られています。オペレッタ編曲に携わることは世間からそのような目で見られる危険がありました。しかしコルンゴルトはその後もシュトラウス2世、レオ・ファルなどの作品をいくつか編曲・翻案して復活上演に力を注ぎました。
  1920-30年台コルンゴルトは『死の都』の大作曲家としてヨーロッパ中に知られていました。日本にはオペラの伝統がないので仕方がないのでしょうが、現在でもコルンゴルトというと映画音楽作曲家という人がいるのは気の毒なことです。1934年、彼は以前シュトラウス2世『こうもり』編曲で仕事をした演劇界の大御所マックス・ラインハルトに呼ばれて初めてハリウッドへ行きました。当初は1作品だけのつもりでしたが、当時のオーストリアの政情不安から、その後もそこで仕事を続けることになります。アカデミー賞を受賞した『風雲児アドヴァース』と『ロビンフッドの冒険』、大ヒットした『シー・ホーク』や『放浪の王子』の壮大な音楽は、映画音楽の典型と言われるようになりました。
  コルンゴルトに大きな影響を受けた作曲家にジョン・ウィリアムズがいます。彼の書いた『スター・ウォーズ』はだれでも知っている名曲でしょう。冒頭の輝かしいファンファーレからしてコルンゴルトを思わせます。しかしこの有名なメインタイトルは、具合の悪いことにコルンゴルト作曲の『キングス・ロウ』のそれとそっくりなのです。冒頭「ド、ソ、ファ、ミ、レ」と続く音形ですでに似ていると思わせます。『キングス・ロウ』では続いて「シ、ラ」と2分音符で下降音形が2回繰り返されますが、『スター・ウォーズ』では「ド、ソ」の下降音形で、やはり2回繰り返されるのです。盗作とはならなかったようですが、実に際どい曲だと思います。『キングス・ロウ』のメインタイトルはインターネットで聞くことができます。一度検索してみてください。
 
 
音楽ジャーナリスト 長島 喜一郎
「プログラム・マガジン」2016年11・12月号掲載
一般社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<一般社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544