00926228
 

2015年度 特別演奏会 曲目解説

 
 
いずみホール名曲セレクション2015

 
≪いずみホール名曲セレクション2015≫
 
2015年9月17日(木)
 
<昼の部>14時30分開演  <夜の部>19時00分開演
 

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)

 

歌劇「フィガロの結婚」 序曲 K.492

 

「フィガロの結婚」はモーツァルトの作品のみならず、すべてのオペラの中でもっとも親しまれているオペラのひとつです。親しみやすいメロディが全編に溢れ、幸福感に満たされるような傑作です。原作はボーマルシェの同名の喜劇ですが、オペラの台本はダ・ポンテがイタリア語で書いています。ロッシーニのオペラ「セヴィリアの理髪師」の続編でもあります。

オーケストラに初めて接するという人がいたらまずお薦めしたいのが、このオペラの序曲です。ノリが良くわかりやすい、演奏時間も短くて手軽、とにかく陽気で軽快、オーケストレーションも簡明、複雑な展開部もない・・・。これほどの曲は他に存在しないといっても過言でないでしょう。

明るくて快活な響きを持つこの序曲は、華々しい主題のほかにも、まるで人間ドラマを映し出すかのように、さまざまなフレーズが次々と現れます。この序曲には本編の中のメロディが全く出てきませんが、まさにこのオペラ全体の顔になっているような見事な曲で、しばしばオペラとは切り離されて演奏されることも多い楽曲です。 

 

 

 

ピョトル・イリイチ・チャイコフスキー(1840-1893)

 

弦楽セレナード ハ長調 op.48

 

 チャイコフスキーはロシアの作曲家の中で「西欧派」とされているとおり、西欧の音楽に対して強い関心を持っていました。この曲は、チャイコフスキーが40歳の時、1880年に作曲したもので、特に愛着を感じているモーツァルトのセレナードを意識した作品となっています。弦楽だけの純粋な形式美、均整の取れた世界を目指しながらも、ロシア風の美しいメロディもふんだんに出てくる名作となっています。この曲はテレビやCMで頻繁に使われる曲なので、出だしを聴くと「あっ、あの曲か!」と思い当たる人も多いと思います。

 第1楽章はアンダンテ・ノン・トロッポ-アレグロ・モデラート、「ソナチネ形式の小品」と題されています。序奏はイ短調の力強い全合奏で始まります。深刻な雰囲気もありますが、どことなく甘さも漂う印象的なものです。

 第2楽章はモデラート-テンポ・ディ・ワルツ、「ワルツ」と題されています。甘く気品のあるメロディーが特徴です。

 第3楽章はラルゲット・エレジアコ、「エレジー」と名付けられ、曲の中で最も美しいと言われる楽章です。

 第4楽章はアンダンテ、「ロシアの主題によるフィナーレ」で、フィナーレというよりも先の3つの楽章たちのコーダ的な役割を持っており、第1楽章冒頭の序奏が再び現れ、そして自然な変化で第4楽章の第1主題に移り、一気に終曲となります。 

 

 

 

アントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)

 

交響曲 第9番 ホ短調 op.95「新世界より」

 

 

 ドヴォルザークがニューヨークのナショナル音楽院の院長を務めていたアメリカ時代の傑作のひとつです。アメリカから故国への“おみやげ”の意味も込めて、楽譜の表紙に「新世界より」と書き添えました。活気にあふれた当時のアメリカの生活の印象と、教え子たちを通じて知った黒人霊歌やプランテーション・ソング(植民地時代の歌)といったアメリカの民族的な音楽への共感と感銘が示されるとともに、遠く離れた故国ボヘミアを懐かしむ心情も表現されています。1893年12月、カーネギー・ホールでの初演は、大成功のうちに終わりました。

 第1楽章はアダージョの序奏に、アレグロ・モルトの主部が続きます。2つの主題をもとに時に激しく、時に優しく巧みな管弦楽法によって展開されます。

 第2楽章は有名なラルゴで、短い序奏の後、コール・アングレ(イングリッシュ・ホルン)が切々と奏でる郷愁にみちた旋律には、のちにドヴォルザークの弟子によって歌詞がつけられ、日本でも「家路」の曲名で親しまれています。

 第3楽章はスケルツォ:モルト・ヴィヴァーチェで、活気にみちた序奏に続く急速なテンポの主題も、トリオに入ってからの流麗な主題も、ボヘミアの民族舞曲やドイツの民謡のような趣を持っています。

 第4楽章のアレグロ・コン・フォーコは、勇壮な第1主題、郷愁を誘う第2主題が提示され、壮大なコーダの後静かに閉じられます。

 
 
                          (無断転載を禁ずる)
公益社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
 
四国支局
〒790-0051
愛媛県松山市生石町
649-11-402
TEL:089-947-4751
FAX:089-934-3577
 
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<公益社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544