大阪交響楽団のホームページにようこそ!!

01316712
 
 

お知らせ

お知らせ
 
4/17 4オケの4大シンフォニー2021 指揮者変更につきまして
2021-03-22
    大山 平一郎
4オケの4大シンフォニー2021
指揮者変更につきまして
 
いつも大阪交響楽団をご愛顧いただきありがとうございます。
 
2021年4月17日(土)「第59回大阪国際フェスティバル 4オケの4大シンフォニー2021」に出演予定でした指揮者のオーラ・ルードナー氏が、新型コロナウイルス感染症に関わる入国制限により来日困難となったため、出演できなくなりました。代わって大山平一郎氏が出演いたします。
なお、曲目等に変更はございません。
オーラ・ルードナー氏の出演を楽しみにして下さっていたお客さまにおかれましては大変申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げますとともに、大山平一郎氏と大阪交響楽団の演奏をぜひ、お楽しみいただきますようお願い申し上げます。
 

 
大山 平一郎 (指揮)
 
京都生まれ。東儀祐二教授にヴァイオリンを師事。後に桐朋学園で、
江藤俊哉、鷲見三郎、斎藤秀雄各教授に師事。1968年、英国に渡り、
ニーマン、プリース、ダート各教授に学びギルドホール音楽学校を卒業。1970年には米国インディアナ大学でプリムローズ、リッチ、ギンゴールド、シュタルケル、プレスラー各教授に師事。インディアナ大学コンクールではヴァイオリン、ヴィオラ両部門で同時優勝を果たした。1972年、マルボロ音楽祭にヴィオリストとして参加後、数多くの国際音楽祭に招待された。
 
1973年、カリフォルニア大学助教授に就任、翌年ニューヨーク国際ヤング・コンサート・アーティスト賞を受賞。1979年にカルロ・マリア・ジュリーニの率いるロサンジェルス・フィルハーモニックの
首席ヴィオラ奏者に任命された後、指揮の勉強を始める。1986年ラホイヤ室内楽音楽祭の芸術監督に就任。同年、ロサンジェルス・フィルハーモニックを指揮、翌年アンドレ・プレヴィンに、同楽団の副指揮者に任命される。    
 
1992年にはサンタフェ室内音楽祭の芸術監督に、また1993年には
ニューヨーク州のカユガ室内オーケストラの指揮者兼音楽監督に就任。1973年から2003年までカリフォルニア大学教授、1982年から2017年までサンタバーバラ室内管弦楽団音楽監督を務める。1999年から5年間、九州交響楽団の常任指揮者、2004年から2008年まで大阪シンフォニカー交響楽団(現、大阪交響楽団)ミュージック・アドヴァイザー及び首席指揮者、2007年から2009年までながさき音楽祭音楽監督を歴任。
 
現在、一般社団法人Music Dialogue芸術監督。Chanel Pygmalion Days室内楽シリーズ芸術監督。
米国ロベロ劇場室内楽プロジェクト芸術監督。
 
大山平一郎写真:Tsuru
公益社団法人大阪交響楽団
Osaka Symphony Orchestra
〒590-0074
大阪府堺市堺区
北花田口町3-1-15 東洋ビル4F
TEL:072-226-5533
FAX:072-226-5544
 
201309301658395847.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<<公益社団法人大阪交響楽団>> 〒590-0074 大阪府堺市堺区北花田口町3-1-15 東洋ビル4F TEL:072-226-5533 FAX:072-226-5544